お問合せサイトマップメールマガジン

講演会・セミナー 2020年度

スマート農業シンポジウム「みどり戦略とカーボンニュートラル農業」
(共催:農林水産省東海農政局、農研機構中日本農業研究センター)

テーマ 持続可能な食料生産を支える農業イノベーション
日付 2022年11月28日(月)
会場 Web開催
講師

■基調講演
「農林水産分野におけるゼロエミッション実現に向けた取り組み」
 NEDO技術戦略研究センター

  新領域・融合(農水)ユニット ユニット長 櫻谷 満一 氏
■パネルディスカッション
<モデレーター>
 福島大学農学群 食農学類長 教授 生源寺 眞一 氏
<パネリスト>
 豊橋技術科学大学大学院工学研究科機械工学系 教授 高山弘太郎 氏

 農研機構農業機械研究部門無人化農作業研究領域

  小型電動ロボット技術グループ グループ長補佐 吉永 慶太 氏
 株式会社TOWING 代表取締役 西田 宏平 氏

概要   昨年に引き続き、農林水産省東海農政局、農研機構中日本農研センターと共催で、第一部「スマート農業セミナー」、第二部「スマート農業推進フォーラム2022in東海」の二部制で開催しました。
  基調講演では、NEDO技術戦略研究センター新領域・融合(農水)ユニット長の櫻谷満一氏に、「農業分野でのカーボンニュートラル」実現に向けた、研究開発および社会実装に向けた課題について、政策と取り組みの実例を交えながら解説いただきました。
 また、パネリストのスピーチでは、施設園芸における環境制御、農業機械の電動化、高機能バイオ炭によるCO2の固定等、カーボンニュートラルに資する最新の技術について、専門家に解説いただき、福島大学農学群食農学類長教授の生源寺眞一氏をモデレーターにディスカッションを行いました。
  中部圏の自治体やJA、また農業に関心のある企業をはじめ、国内外から多くの192名がオンラインで参加し、アンケートでも好評をいただきました。
 
講演録は調査季報「中部圏研究」vol.222(2023年3月1日発行予定)に掲載予定です。